筋トレ・ダイエット

プロテインの気になること!効果あるの?太るってホント?

どうも、筋トレ大好き副業ブロガーのゆーとです!

Twitterのアカウント→(@positive_yu)

インスタのアカウト→(yuto_shape

プロテイン と聞くと下のようなことをよく耳にすると思います。

・筋トレをする人が飲む物でしょ

・筋トレしない人が飲んでも意味ないでしょ

・プロテインって太るんでしょ

結論から言うと、プロテインが原因で太ることはないです!!

そして、筋トレしてない人でもプロテインを飲むことはいいことだらけです!!!

プロテインについてわかりやすく説明しているのでぜひ読んでみてください!

 

そもそもプロテインってなんなの?

プロテインは栄養補助食品です。日本人はタンパク質の摂取量が少ないと言われています。

プロテインとは簡単にいうと栄養補助食品です。プロテインにはホエイ・ガセイン・ソイの3種類があります。

日本人はたんぱく質の摂取量が少ない傾向にあります。

たんぱく質には筋肉や臓器などの自分の体を作り出すのに必要な栄養素です。目安にはなりますが、成人男性は1日60g 成人女性は1日50g摂取することとされています。

食べ物で摂取しようとすると下の一覧のようになります。100gあたりのタンパク質量です。

  • とりささみ 24.6g
  • 皮なしの鶏むね肉 24.4g
  • 豚ヒレ肉 22.7g
  • 牛ヒレ肉 20.5g

女性にうれしい美肌効果、髪の毛の栄養素でもあります

デメリットはありません。プロテインに限ったことではないですが取りすぎには注意しましょう。

 

プロテインの種類は3種類

さっきも軽く説明しましたが、プロテインの種類は3種類です。それぞれ特徴があるので理解して必要なプロテインを摂取しましょう!

・ホエイプロテイン

低カロリーで栄養素がギュッと詰まっていて吸収が早いのが特徴です。この特徴から運動後のたんぱく質が不足しているときに摂取するのがおすすめです。

 

・ガセインプロテイン

ホエイプロテインとは違い、吸収がゆっくりなため就寝前に飲むことでゆっくり体に蓄えさせることができます。

 

・ソイプロテイン

ガセインプロテインと同じで吸収がゆっくりです。腹持ちがいいためダイエットにオススメとされています。

 

大人用プロテインと子供用プロテインの違い

大人用と子供用では入っている栄養素が違います。

子どもは成長期なので成長に必要な栄養素が多く含まれています。

子ども用はたんぱく質の量が少なく、鉄、カルシウム、ビタミンDなどの成長に必要な栄養素が含まれています。子どもの成長を考えたプロテインということです。

 

プロテインは太るの?

プロテインにもカロリーがあるので絶対に太らないとは言えません。

なので、太る可能性はあります。

ただ、プロテインが直接的な原因で太るということは間違った認識です。 

  •  タンパク質1g =4kcal
  •  プロテイン1杯20g =80kcal

プロテインにもカロリーがあるので太ることはあります。ただ、プロテインを飲んだからといってプロテインが原因で太るという事はありません。

たんぱく質1g=約4kcalなので、プロテイン一杯の量が大体20gなのでプ約80kcalとなりますね。80kcalがどのくらいかというとロールパン1個でだいたい95kcalなのでロールパンよりはカロリーは低いですね。

プリン 1個 91kcal
ロールパン 1個 95kcal
白米ご飯 1杯 150g 252kcal
食パン 6枚切り1枚 158kcal
茹でたそば 1玉170g 224kcal

ということから、プロテインを飲んだから特別太るということはありません。

みなさんが思っている「プロテインが太る」ということはちょっと違いますね!

まとめ:プロテインの気になること

結果から言うとプロテインは最高!!笑

プロテインを飲むと太るという間違った知識ではなく、正しい知識が理解できたのではないでしょうか。

目的によって飲む種類を変えて摂取しましょう。女性は特に美肌効果だったり、きれいな髪の毛を手に入れるために始めてみることをオススメします。

筋トレをしている人はもちろんのこと、筋トレをしていなくても飲んだほうがいいですね。

少なからずプロテインを買うとなるとお金がかかりますので、買うか買わないかの判断はしっかりと考えましょう。