筋トレ・ダイエット

糖質制限中にカロリーオーバーしたら意味ない?痩せない理由はカロリーが原因!

どうも、筋トレ大好きブロガーのゆーとです!

Twitterのアカウント→(@positive_yu)

インスタのアカウト→(yuto_shape

糖質制限ダイエットをやっているあなた!こんなことで悩んでいませんか?

糖質制限中の女性
糖質制限中の女性
糖質制限してるけどなんで痩せないの?

ダイエット中の女性
ダイエット中の女性
糖質制限中のカロリーオーバーってよくないの?

この記事では、糖質制限中にカロリーオーバーをしてはいけない理由と対策について、分かりやすく解説します。

この記事を、最後まで読むことで、正しい糖質制限のやり方が分かり、糖質制限で痩せないという悩みが解決します。

それでは、いきましょー!!!

糖質制限中にカロリーオーバーは台無し?

糖質制限とは、炭水化物などの糖質を減らす食事管理で、「糖質制限をしているから、カロリーを気にせず、たくさん食べていい。」とよく聞きますが、本当にそれが正しいのでしょうか?

結論から言うと、糖質制限中でもカロリーは気にしなければいけません!

糖質制限に関わらず、ダイエットにはアンダーカロリーが基本となってくるので、糖質制限をしているから、カロリーを気にしなくても大丈夫と言うことではありません。

むしろ、せっかく糖質制限しているのにカロリーオーバーしてしまったら、台無しになってしまいます。

 

糖質制限中でのカロリーオーバーの具体例と目安について

糖質制限中であっても、ダイエットの基本は変わりません。

糖質制限中のカロリーについて、具体例と目安について3つ紹介します。

例1 カロリーオーバーをしすぎている

カロリーオーバーしていると言うことは、1日に消費するカロリーよりも摂取するカロリーが圧倒的に多いということです。

1日の消費カロリーは人それぞれ違うので、摂取カロリーのみを何処かの情報のみで決めてしまうと、カロリーオーバーしてしまうことがあります。

1kgの脂肪がついてしまうカロリーは7,200kcalです。

例えば、糖質制限中であっても、1日に300kcalのカロリーオーバーをしていたら、24日で脂肪が1kg増えてしまいます。1ヶ月も経たないで1kg太ってしまいます。

例2 カロリーオーバーを少しだけしている

カロリーオーバーを少しだけしてる場合でも、蓄積されることで太ってしまいます。

先程話したように1kgの脂肪がつくのに7,200kcalということは、わかったと思うので具体的な話をしていきます。

1日に100kcalでもカロリーオーバーしてしまうと、1ヶ月で3,100kcalのカロリーオーバーになってしまうので、約0.5kg増える計算になります。

2ヶ月とちょっと経つと、糖質制限をしていても1kg太ってしまいます。

ちなみに、マヨネーズ12g、ご飯60g、唐揚げ90gは全て100kcalなので、ちょっとだけなら大丈夫だと軽く考えていると、「塵も積もれば山となる」というように体重が増えてしまいます。

他の食材で気になる方は、日立健康管理センタのホームページがあるので、見てみてください。

https://www.hitachi.co.jp/hospital/nikkense/guidance/100kcard/index.html

 

カロリーオーバーにならないように、自分の適正カロリーを理解しよう

糖質制限に限らずですが、自分の適正カロリーは人それぞれ違います。

よくネットなどで書いてあるカロリーは、あくまでも目安のカロリーになります。

ここでは、自分の適正カロリーをお伝えしていきます。

1.自分の基礎代謝と活動代謝を知ろう

このサイトでまずは自分の基礎代謝と活動代謝を知ることが大切です。このサイトでは、体重、年齢、身長、普段の活動頻度を入力するだけで、基礎代謝と活動代謝を知ることができます。

画像のように結果が出ます。画像はあくまでも一例です。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1567491116

基礎代謝と活動代謝を知らずに、糖質制限をしていても知らずのうちにカロリーオーバーになってしまいます。

 

2.大まかな1日の消費カロリーを知ろう

基礎代謝と活動代謝を知るということは、自分の大まかな1日の消費カロリーを知ることができます。

この数字を基準に、運動をしたり、たくさん歩いたりした際には消費カロリーが多いと分かります。

逆に、ゴロゴロしてしまったりすると、基準の数字より低くなるので消費カロリーは少なくなります。

 

3.自分に合った適正カロリーで食事管理をする

基礎代謝と活動代謝を知ることができたので、そこから1日のカロリーを決めていきます。

1日の消費カロリーが1,800kcalの場合には、摂取カロリー1,800kcalを超えないようにすれば太ることはありません。

個人的におすすめの管理方法は、アプリなどを使って1日の摂取カロリーを把握するのがいいです。

ネットで食材の栄養素を調べてやるのもいいですが、続けるのが大変になってしまうので、ハードルを下げるためにもアプリがおすすめです。

アプリ内で食材などを検索すると、カロリーや栄養素がわかるのでかなり便利です。

実際に使っているアプリは「マイフィットネスパル」です。

 

糖質制限中でもカロリーの不足には気をつけて!

人間の体は本来、摂取カロリーの5割以上糖質から摂っていると言われています。

糖質制限ダイエットをするときに、極端に糖質を減らしてしまうと、疲れやすくなったり集中力がかけてしまいます。

ひどい状態だと、めまいや頭痛などの慢性的な体調不良になってしまう場合もあるので気をつけましょう。

低血糖発作(激しい運動や、病気の時に血糖値が極端に下がって意識を失う)を起こすこともあるので、極端に糖質を制限するのはやめましょう。

糖質が少なくなると、体は筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとするため、筋肉量が減ってしまいます。

 

糖質制限を成功させる3つの方法

糖質制限を成功させる方法を3つお伝えします。この3つを抑えておけば、より糖質制限を成功させることができます。

1 糖質を全く取らないのはダメ

糖質を全く摂らないということで、最初の一時的には痩せることができますが、体が危険信号を出して痩せにくくなってしまいます。

先程話したように、極端に糖質を減らしてしまうと、疲れやすくなったり集中力がかけてしまいます。

ひどい状態だと、めまいや頭痛などの慢性的な体調不良になってしまう場合もあるので気をつけましょう。

折角、ダイエットをしているのに体を壊してしまったら、元もこうもないので糖質を全く摂らないということはやめましょう。

 

2 極端なカロリー制限をしない

ダイエットの基本でアンダーカロリーを意識することは、とても大切なことです。

しかし、カロリーオーバーを気にしすぎるあまりに、カロリーが少なすぎるということもよくないので、極端なカロリー制限はやめましょう。

そもそも、人間にはカロリーが必要なので、今回説明したように自分の基礎代謝・活動代謝を参考に、カロリー管理をしましょう。

 

3 適度な運動を心がける

糖質制限だけでは、なかなかダイエットをするのは大変です。

消費カロリーを稼ぐためにも、運動をすることでより糖質制限の効果が現れます。

ダイエットになるので、少なからず筋肉が落ちてしまいます。筋肉が落ちるということは、基礎代謝が落ちることと同じです。

基礎代謝が落ちることで、糖質制限をやめた途端にリバウンドをしてします。

そうならないためにも、適度な運動・筋トレをやることが大切です。

 

実際に糖質制限を成功した人たちの口コミ

実際にやっている人の声を聞くのがいいと思うので、記事を貼っておきます。

実際のところはどうなんだろうと疑問に思う人は、ぜひ下記の記事を読んでください。

糖質制限には『ヒロ兄』さんのナッシュの記事では、実際にダイエットに成功した人の口コミが見れるので、とても参考になります!

ナッシュでダイエットに成功した人の口コミ!トレーナーがコツも徹底解説!

 

まとめ:糖質制限中でもカロリーオーバーには気をつけよう!

糖質制限中に、効果が出なくて悩んでいる人は、カロリーオーバーが原因かもしれません。

カロリーオーバーにならないように気をつけましょう。

糖質制限に限らずカロリーオーバーせず、アンダーカロリー意識していきましょう。

実際にやり方や成功させる方法などを、お伝えしたのでこれをやれば結果はでます。

今回、お伝えしたことを実践し糖質制限を成功させてください。